寫真を教えない寫真ワークショップをやってみた

 

先日、寫真を教えないことにしたワークショップを開催しました。なぜそんなことをしたのか、少し紹介したいと思います。

 

 

寫真ワークショップのジレンマ

 

東京オルタナ寫真部では、白黒フィルムを使うアナログ寫真のワークショップを開催しています。

寫真のワークショップをやっていると、思いがけないことに気付かされることがありますが、そのなかでも、けっこう深刻なのがこれです。

 

寫真の知識があることと、いい寫真を撮れることは、実はそれほど関係がない(ように見える)

 

もちろん、知識が増えるほど寫真が下手になる、などと言いたいわけではありません。しかし実際にワークショップを開催していると、寫真に詳しいひとほど撮影実習の結果が面白くないということが、しばしば起こります。

寫真の知識を教えると逆効果になるかもしれないのだとしたら、これは教える側からすると、とんでもないジレンマです。いったい、寫真の知識って何なのでしょうか。

 

寫真を學びたいひとに、ほんとうに必要なこと

 

寫真を學びたいひとに、ほんとうに必要なことは何だろうか。このことをずっと考え続けていましたが、自分ひとりで考えるよりも、相談したほうがいいように思えてきました。

そこで先日開催した「はじめてのアナログ寫真ワークショップ」では、參加者のみなさんといっしょに內容を考えながら進めることにしました。

寫真を學びたいひとにほんとうに必要なことは何か、當事者のみなさんにきいてみた!

 

 

はじめての、アナログ寫真ワークショップ

 

寫真初心者がほんとうに知りたいこと

 

さてワークショップの初回。まず最初に、寫真の初心者と、初心者でないひとの違いを聞いてみました。

いろいろな答えがありましたが、だいたいまとめると、

  • 初心者ではないひとは、撮りたい寫真を撮るための技術をもっている。

ということでした。
なるほど。まちがいない。

では次に、初心者向けのワークショップで具體的になにを教えればいいかを聞いてみました。答えは…

  • カメラの使い方
  • 機材の使い方
  • カメラ用語の説明、露出とかピントとか
  • 構図について

なるほど、これもまちがいない!

…いや、ほんとうか?

 

「寫真のハウツー」はほんとうに必要だろうか?

 

さっきの質問の答えをよく見てみると、どれも「寫真のハウツー」です。でもそれは「自分が撮りたい寫真を撮るための技術」と同じものでしょうか?よく似ていますが、もしかすると全然ちがうものかもしれません

そこで參加者のみなさんに改めて聞いてみました。

「なにをしたくてこのワークショップに參加しましたか?」

すると、答えは、

  • 自分が撮りたい寫真、いい寫真を撮れるようになりたい

ですよね!それだけです。
撮りたい寫真を撮れるようになりたい。それがいちばんの目的です。

それなら初心者が対象の寫真ワークショップで最初にやることは「自分が撮りたい寫真」を考えることのはずです。「寫真のハウツー」が、いちばん大事ではないことは確かです。

 

@「はじめてのアナログ寫真ワークショップ」

 

…でもこんな反論ができそうです。

「いやいや、まず技術を學んで、それから自分がやりたい寫真作品が撮れるようになるんでしょう?だから寫真のハウツーを學ぶことの方が先なのでは?」

 

うむ…ふつうはそう考えがちです。知識があって初めて作品を作れると。しかしよく考えてみると、決してそんなことはないはずです。まず目指したい作品のイメージが自分の中にあって、それを実現するのが技術のはずです。自分が作りたい作品のイメージは、常に技術に先行するはずです。

もしハウツーや技術が先なのだとしたら、それはきりがないので、いつまでたっても作品が始まらなくなってしまいます。

 

寫真を知っている人ほど、面白い寫真が撮れない。

こういうことが起こるのは、その人の中で寫真の知識の方が、自分が作りたい作品のイメージより優先されているからではないでしょうか。

ですからこのワークショップでは、寫真のハウツーにはまったくふれずに、寫真でやりたいことを見つけることに極振りしました。寫真の勉強ではなく、自分の作品をイメージすることに極振りです。

 

はじめての、寫真を教えない寫真ワークショップ

 

そうやって開催した「はじめてのアナログ寫真ワークショップ」。最初に次のことだけは決めておきました。

  • ハウツーの解説をしない。
  • 資料を配らない。

資料を配らないのは「勉強」になることを避けるためです。これまでのワークショップでは、資料を配ったとたんに「勉強」が始まる雰囲気になってしまいました。そしてそうなると、なぜか自分で考えることが止まってしまいがちになります。

それにしても、これまで多くのワークショップを開催してきましたが、寫真を教えないことにしたワークショップはこれがはじめてです。

 

初心者は、かっこいい寫真しか撮ってはいけない。

 

このワークショップの撮影実習では、カメラと露出計の使い方だけ、ほんとうに最低限のことだけをそれぞれの人に説明しました。露出のミスに強いフィルムを持って、いざ撮影へ。

撮影実習にあたって注意事項はひとつだけ。

かっこいい寫真を撮ってください。かっこいい寫真しか撮らないでください。」

試し撮り禁止。フィルムの全コマ、本気のかっこいい寫真しか撮っちゃだめ。これは「教わったことをやってみました」と、研究熱心だけどつまらない寫真を撮ってしまうことを避けるためです。フィルムの全コマ、本気でよろしく!

 

 

この無茶ぶりにも思える撮影実習ですが、驚くような結果になりました。

撮影した寫真を全部、L版サイズにプリントしてみましたが、どの寫真も面白くてはずれなし!そして、それぞれの人の個性が見事に現れていました。いやこれは、個性というより、作家性と言ったほうが適切だと思います。

こんなことができるなんて!と、參加者もこっちもびっくり。これまで多くのワークショップをやってきましたが、このように全員が作品になるような寫真を撮ったことは、さすがにありませんでした。

このなにも教えないワークショップ、ほんとうに成功でした。

 

レンズの改造をはじめるひと
@「はじめてのアナログ寫真ワークショップ」
こちらからは何も教えていません!

 

「正しい寫真」という思い込み

 

寫真の知識を得ることは「正しい寫真」という思い込みを作り出してしまうことがあります。しかしそんな正しい寫真はどこにも存在しません。

ですから、まずは「寫真とはこういうもの」という思い込みを置いて、自由に発想していくことで、自分の作品のイメージを作り上げていくことができるのだろうと思います。

これからもわたしたちのワークショップが、寫真を始めるひとに、イメージの旅へと自由に踏み出すきっかけになれば、とても嬉しく思います。

 

「はじめてのアナログ寫真ワークショップ」9月開催

 


開催予定のワークショップは「現在募集中のワークショップ」のページをごらんください。

現在募集中のワークショップ