よくわからん「自由」/J.S.ミル『自由論』読書會

先週の土曜日から始まったJ.S.ミル『自由論』の読書會。『自由論』というからには自由についての本です。自由…自由ね。知っているつもりだけど、よくわからん。

「表現の自由」や「自由に表現する」などとよく言いますが、しかしその時、自由という言葉が示している意味は何なのか。わかっているようで、いまいちはっきりしない。はっきりしないから、自由についてはだれもが好き勝手に言うからますますよくわからない。「自由」という言葉にはそんな印象があります。

そこで、自由とはそもそもどんなアイデアだったのか読んでみよう!というのが今回の読書會です。

 

ある肖像寫真

しかし先日の読書會初回で、本を読むよりも先に話題になったのはこの寫真。

 

かっこいい。めちゃいい寫真です。

まず圧倒させられるのが目。力強い視線!

きりっと遠くへ投げられた二人の視線は、寫真を見る私たちの頭上を左右に超えて、その先にあるものに真っ直ぐと向けられています。二人が見つめる方向は違っているのですが構図がバラバラに崩壊することはなく、むしろ逆にふたりが同じものを見ているような統一的な印象を受けます。

で、その二人。

椅子に座る老人。
そして彼の肩に手を置く若い女性。
この女性の凜とした立ち姿は、堂々としてゴージャスです。

とても力強く美しいイメージですが、いったいこの寫真はなんなのか…

いや、なんなのかって、自分で言っておきながらなんですがもちろんこれはJ.S.ミルの寫真です。左のおじいちゃんがミル。読書會の告知ページのためにWikipediaでダウンロードした寫真です。

って、いやそういうことではなく、このまっすぐに圧倒されるような美しさはいったいなんなのかと、この寫真を見ながらつい思いふけってしまいました。

そしてやはり読書會の初回でも、この寫真の特別な魅力が話題になりました。なんせ寫真家の集まりですから。なぜこの寫真はこんなにいいのか。本より先にまずそこからだ。私たちは寫真家ですから分析しますわよ。

 

なぜこの寫真はこんなにかっこいいのか。

ライティングと露出がパーフェクト!

女性の明るい肌から暗色のドレスのレースの模様まで見事に質感が表現されている。この時期の寫真は感光材料の関係で肌が暗く寫りがちなのですが、ハイライトからシャドウ部まで完璧なトーンで撮影されています。

 

構図がイケてる!

レンズの位置を二人の目線よりもぐっと下にして、視線を高くした。それによって人物たちの意志の高さを感じる構図に。さらに立っている女性に対しては少し見上げるような位置になるため、堂々とした姿をとらえることができている。

そして、女性を構図の中央に寄せることで、女性の頭部を頂點に下部に向かって広がる三角形の構図が完成している。シンプル、安定感、説得力、力強く美しい。

 

三角形の安定感のある構図

 

19世紀寫真の男女の定番ポーズ

ですがしかし、少し不思議な気もします。この寫真が撮影されたのはミルが生きている時代ですから明らかに19世紀。この寫真は二人の人物のポートレートですが、立ち姿の女性の方がモチーフの中心になっています。椅子に座る男性の肩に手を添えているところは、見ようによっては「若い女性が老いた男性に保護を與えている」ようにすら見えます。

19世紀ですよ。こんなことあるんでしょうか?
そこで、読書會では19世紀のカップルのポートレートを探して比較することになりました(読書はどうした)。

 

 

一般的な19世紀のカップルのポートレートを見ていくと、男性が椅子に腰掛け(手には本)、女性が寄り添うように立ち、男性の肩に手を置く、というお決まりのポーズがあったようです。

このポーズの意図は、上に挙げた寫真を見ればすぐにわかることですが、男性が椅子に座るのは威厳や安定感を表現するため。女性が男性に手を添えるのは親密感と…男性への従屬関係を示すためです。

これはおまけ。1860年、サンフランシスコの寫真館での福沢諭吉。

ここでもパターン踏襲!もっとも寫真屋の十代の娘(テオドーラ?アリス?ショウ)と福沢諭吉の間に個人的なつながりはないので肩に手に置くのはなし。それにどっちかというと、寫真屋が見てるのは福沢よりも自分の娘さんのほうですね。これはある意味當然。

女性が椅子に座り男性が立つ逆のバリエーションもあるのですが、先にみた男性が座っているパターンのほうがより定番という印象です。

いずれにせよどちらのポーズの場合にも共通しているのは、「威厳ある男性と、寄り添い従屬する女性」というイメージを作ろうとする努力です。

 

異質な肖像

これらの19世紀のカップル肖像寫真の後に改めてミルの寫真を見るとその異質さが際立ちます。ふたりのポーズは當時のお約束を踏襲しているが、それが表現しているものは全く異なります。ミルの寫真はいま見ても少し不思議な印象ですが、當時の他の寫真と並べると異様な迫力があることがわかります。

自信に満ちて堂々と立つ若い女性が、構図の中に控え目に置かれた年長の男性に保護を與えるかのように描かれる、などということは、この當時にはほとんどなかったはずです。従屬関係を表す肩に手を添えるお決まりのポーズは、ここでは意味が反転して保護や祝福を與える手に変換されています。この寫真、當時においては信じられないほど斬新でレアなイメージだったのではないでしょうか。

 

 

しかし、もしこの寫真家がいつもこのように寫真を撮っていたら、人々に理解されず仕事にあぶれることになっていたでしょう。ではなぜ寫真家は今回に限ってこのように撮ったのか?

 

ミル、ハリエット、ヘレン

この寫真に寫っているふたりは、J.S.ミル本人と義理の娘のヘレンです。って、なぜこのふたりが寫真を撮っているのか。義理の娘?ヘレン?だれ?なんでこのふたり?

簡単に言うと、ヘレンはJ.S.ミルの妻のハリエット?テイラーの娘です。しかしミルと妻ハリエットの関係を知るとそんな簡単な話では済まないことがわかります。

ミルの生涯を詳細に記した自伝もあるのですが、ここは手早くWikipediaをチェックすると…ミルの幼少期からハリエットとの出會いまではこんな感じ。

幼年時代のミル
  • 子供の頃から英才教育
  • 厳格な父親に教育され學校には行っていない。
  • 小さい頃から年中勉強。
  • 3歳から母語の英語と同時にギリシャ語を勉強。8歳までに、ギリシャ古典を原語で読めるようになった。
  • 8歳でラテン語、幾何學、代數學を學び始め、弟たちの教師役に。大學で教えられるラテン語とギリシャ語の作家はすべて読破。
  • 10歳のころはプラトンやアリストテレスを原語で読み、
  • 12歳ごろは政治経済學を始め、アダム?スミスやデヴィッド?リカードを父親と共に研究した。
  • 父の友人だった哲學者、経済學者のジェレミ?ベンサムと交流し、助言をもらっていた。
青年期の危機とハリエットとの出會い
  • 20歳ごろ「自分の人生の目標は社會正義の実現だ。しかしそのことは自分を幸せにしているだろうか?」と悩み、うつ狀態に。
  • 24歳、運命の人ハリエット?テイラーに出會う!彼女との交友関係によってミルは精神的な危機を乗り越える。

と、ここまでならふつうにいい話。

しかし、ハリエットは人妻だった!

Harriet Taylor Mill, unknown painter, National Portrait Gallery, London

時代は偽善的なまでに厳格な道徳が推奨されたヴィクトリア朝時代人妻との親密な関係は社會的立場を危うくする危険なスキャンダルです。そして実際に、ミルとハリエットの関係はかなりの問題になったようです。

ハリエットは夫のテイラーとの間に2男1女の子供がいたが、1833年に2歳の娘ヘレンを連れて夫と別居。週末にミルがハリエットを訪問するライフスタイルに。ハリエットの夫のテイラーは1849年に亡くなり、その2年後にミルとハリエットは正式に結婚します。が、しかしわずか7年後にハリエットは急死してしまいます。

そのハリエットとの悲痛な死別の翌年に出版された本が、今回の読書會で読み始めた『自由論』です。

『自由論』を開くと、最初に序文があります。

 

 いまは亡き女性の、いとおしく懐かしい思い出のために本書を捧げる。

 私が書いてきた多數の論文の、最良の部分はすべて彼女のおかげであり、彼女はそれらの論文の共著者だともいえる。(中略)

 地下に眠る妻の、偉大な思想と高貴な感情を、せめて半分だけでも世の中に伝える ことができれば、と思えてならない。それができれば、比類のない英知をそなえた彼女の激勵も支援もないままに私が書くどんな書物より、はるかに世の中の役に立つはずだからである。

ミル『自由論』 斉藤悅側訳 

 

Wikipediaのミルの生涯からの、この序文!
これ、映畫化決定するやつ!!

 

ハリエットは思想家であり女性権利を擁護する社會活動家でした。ミルは出會ったときからハリエットを知的に対等な相手として接しました。ミルは彼の著作のほぼ全てはハリエットとの共著だと述べています。それだけでなく、自分はハリエットの思想を代筆したにすぎないとまで言ったことがあるようです。

ハリエットとミルは、精神と思想における深いパートナーだったことは間違いないと言えます。それは「夫を支えた妻」などでは決してなく、完全に対等で、尊重と尊敬を基盤に築かれた関係だったはずです。

そんなふたりの間で育てられたのがハリエットの娘ヘレン。ハリエットが急死した後、ハリエットを継いでミルの知性のパートナーになったのはヘレンでした。

この寫真はその頃のふたりの肖像です。

自信に満ちて立つヘレンがこの寫真の中心的モチーフなのは、ある意味では當然のように思えます。なぜならミルとハリエットにとって娘のヘレンは、ふたりの理念が育てた人格だからです。若いミルが深刻に悩んだ「正義が実現される社會」を実際に作り出す新しい人、それがこの寫真に現れているヘレンだと言えます。

ミルは1865年に下院議員として選出され、女性參政権を初めとする革新的な政治改革を主張しました。それは當時としてははるかに時代に先駆けたものであり、イギリスで実際に男女平等の普通選挙が実現したのは、第一次大戦後の1928年。そして娘のヘレンもまた女性參政権を提唱するフェミニストとして活動しました。

ミルが提唱した女性參政権の主張を揶揄する風刺畫 (1867年 )Wikipedia

 

「男女平等」というアイデア

ところでこの「男女平等(ジェンダー平等)」。これどういうアイデアなんでしょうか。

というのは、私たち日本人は「差別をなくそう」「いじめをなくそう」「男女平等」「多様性を認めよう」などが、「禮儀正しくしよう」といった道徳と連続しているという感覚を持っています。差別撤廃や男女平等は基本的人権に関わる問題です。それって道徳と同列なんでしょうか。ミルはどういうコンセプトで男女平等を提唱したんでしょうか。

哲學早わかり ミル

ミルは『女性の隷従』で、當時の女性が不當な差別のもとにあることを指摘し、男女差別を解決することが近代社會の原理を実質化するために必要であると主張しました。

ミルはあくまで、男女の同権を、功利性の原理を基礎とする自由の観點から論じています。これはいわゆる「べき」論ではなく、近代社會の基本原則を「自由」に置くことから導かれる原理的な帰結です。

引用元 哲學早わかり ミル

 

ミルは各人が社會の中で個人が自由であるためにはどうすればいいかを考えた人です。
では、個人の自由を抑圧するのは誰か?
それは民衆に対立する支配者(王など)ではなく、社會の多數派です。
社會の多數派の支配力が個人の自由を抑圧する。だから多數派の力は抑制されなくてはならない。

これがミルの自由の思想の出発點です。

この話はもちろん、社會のすべての人が、よりよい社會をめがけて參加することが前提です。そのためには、社會の中での個人の自由が最大化しなくてはならない。

…日本でよく言われるのは「社會のために個人の自由は抑制されなくてはいけない」という俗流自由論ですが、ミルが言ってることはまったく逆。日本の場合は自由の意味を取り違えているのでそんな理屈になるのです。

個人の自由というのは「そのほうがいいでしょ?」ではなくて、よい社會のための基本原理だとミルはいうわけです。個人の自由とは、それがなくては人間の社會に正義が成立しないというものなのです。そこから考えると、男女が平等で同じ権利を有しているという狀態はあたりまえ。なのです。

 

自由とジェンダー平等の始まりの場所

男女平等は、人間の社會のきほんのき。それがないと社會ではない。なぜなら、個人の自由が社會の原理だからだ。自由がなければ正義はない。ということですね。自由が原理である社會は男女平等を必然とする。

ここでわかることは、社會のなかの個人の自由というのは、とても明確なコンセプトだということです。

しかし私たちが日常的に「自由」という語を使うとき、かなり漠然とした意味で使っています。ですから「好き勝手にする」ことと「社會の中で自由に生きること」の區別がつかなくなりがちです。しかし、ミルのコンセプトでは個人の自由は社會全體の正義のためにあるわけです。ですから「他人の自由を抑圧する自由」なんてものは原理的に矛盾しているので、絶対にありえないことがわかります。

ミルと人妻であるハリエットの関係は、厳格なヴィクトリア朝の道徳からは厳しく糾弾されるものでした。しかし道徳というのは、原理的な根拠がないのに、多數派が個人に同調圧力をかけることを許す社會的慣習だとも言えます。ミルとハリエットはこのような道徳に非常に苦しめられたはずです。彼らにとって道徳は個人の自由を抑圧する悪しき支配のシステムに見えたことでしょう。だからこそ、彼らは自由を社會の原理として考えなくてはならなかったのです。道徳を乗り越えるために。

男女(ジェンダー)平等は道徳ではない。それは社會の原理だ。
これが160年前にミルとハリエットとヘレンの3人が立った場所です。そしてこれが社會の中の個人の自由というコンセプトの始まりの場所です。

で、ここでですよ!

ミルとヘレンの寫真を改めて見てみると、どうでしょうか。

 

おお、圧倒的なるほど感!!!

この寫真に寫っているのは、物質としては2人の人物ですが、精神的にはミル、ヘレン、ハリエットの3人のポートレートだと言えるかもしれません。この寫真が持っている傑出した雰囲気、気高さ、力強さ。その理由も深く納得です。

これを撮影した寫真家は何か抗えないものを感じて、自分でも思いがけずこのように撮ってしまったのではないか思います。同時代のありがちなポーズをとっているのに、同時代のどの寫真からも超越した普遍的な美しさを帯びた作品になっています。

ミルとヘレン。自由を原理として生きる人物を撮影すると、このような蕓術的な結果として現れるというのはとても興味深いことです。この寫真は、蕓術における自由もまた、好き勝手や好き嫌いとはまったく異なる次元のものだと証明しているように思えます。

寫真とアートと自由について考える東京オルタナ寫真部読書會。毎回、自分の目が新しくなるような刺激的な読書會になっています。

 

私たち日本人がいまいる場所

さて、いまこんなブログ記事を書いたのは、もちろん東京オリンピック?パラリンピック組織委員會の會長(元首相)の女性蔑視発言がきっかけです。あれな。ミルが聞いたら助走つけて飛び蹴りするレベル。まちがいない。國際人権団體ヒューマン?ライツ?ウォッチからは「金メダル級のセクシズム」と批判を受けました。それでなくとも、ジェンダーギャップ指數が151カ國中121位の日本は世界的にもジェンダー平等が最も遅れた人権後進國です。

男女共同參畫局 webサイトより

この人物の発言や信條は、オリンピック憲章の理念に反しているのみならず、そもそも近代世界の政治家として完全に失格です。

しかし大事なのはその先。

この発言を擁護し、批判への反批判として「正しさで厚化粧してポリコレ棒で毆りつける。これでは自由にものを言えなくなる。」と主張する人々がいます。(某新聞コラムとかね)

え、自由ですか?

おま、それ自由って言う?

他者が社會の中で自由に生きることを抑圧する言動は、ただの反社會的行為。それぜんっぜん自由と違うから。

「他人の自由を抑圧する自由」は原理的に矛盾しているのでありえない。(本日2回め)

自由は社會全體の正義のための原理であり、「好き勝手すること」とはぜんっぜん違うから

そもそも、この違いを區別できないと「自由な議論」には參加できないわけです。だって「好き勝手に何とでも言ったものが勝ち」では意味のある議論が行えないからです。だから、こういう人々は自由について語る資格がそもそもない。

さて、世界中からの批判を受けてついに辭任することにしたようですが、後任はどうなることか。

私たちの國の指導層、そして(間接的にであれ)彼らを選挙で選んだ私たちが、ほんとうに近代世界に生きる市民として恥ずかしくない自由と平等の理念を持っているかどうか、注視したいところです。

とりま、『自由論』読みましょう!読書會への參加も歓迎です。そんなこんなで、まだ數ページしか進んでないので、いまから參加でも大丈夫!

 


個人が圧殺される事態を憂慮し、自由に対する干渉を限界づける原理を示した古典的著作。待望の新訳。
市民社會における個人の自由について根源的に考察し、その重要さを説いたイギリス経験論の白眉。現代人必読の今もっともラディカルな書。
Mill's four essays, 'On Liberty', 'Utilitarianism', 'Considerations on Representative Government', and 'The Subjection of Women' examine the most central issues that face liberal democratic regimes - whether in the nineteenth century or the twenty-first.
On Liberty is a philosophical essay by the English philosopher John Stuart Mill. Published in 1859, it applies Mill's ethical system of utilitarianism to society and state.