現在開催中です。

完全なトーンのために

  • 銀塩白黒寫真ワークショップ、アドバンストクラス 後篇 。
  • このアドバンストクラスIIでは、アナログ寫真の美しさの理由を徹底解説します!
  • フィルム現像の理解をさらに進め、アナログ?トーンのコントロールを完璧にします。
  • 「寫真史」では、自由で新しい寫真表現を目指す寫真家のための寫真史を解説します。

 

フィルム:Superpan 200 フィルム現像液:オリジナル調合

 

ワークショップ內容

  • アナログ寫真の美しさの理由
    • アナログ寫真の美しさにはきちんと理由があります。
    • デジタルでは再現できない美しさを自由にコントロールできるようになります。
  • 寫真と歴史とアート表現
    • 思いのままに制作してるはずなのに、他と似たような作品を作ってしまう…。
    • 自由で新しい表現を目指すための基礎體力、寫真家のための寫真史を解説します!

 

フィルム:efke 100  フィルム現像液:オリジナル調合

  

開催概要

 

  • 日時:2021年9月18日(土)、9月25日(土)、10月2日(土)、10月9日(土)
    • 14時開始、17時ごろ終了予定
  • 場所:アトリエオルト(南青山)&オンライン(インターネット接続+ウェブブラウザで參加可能)
  • 參加費
    • 36,000円(アナログ寫真ワークショップを受講された方、稅込)
    • 44,000円(アナログ寫真ワークショップを受講されていない方、稅込)
  • 講師:大藤健士 ティム?モーグ (Silversalt)
  • 協力:Silversalt  Hisayoshi Osawa Photography

  

ハイブリッド開催について

対面とオンラインで同時開催!両方を自由に組み合わせてご參加いただけます。

対面でもオンラインでも參加できます。開催時刻に參加できない場合も內容を録畫で視聴できます。

Google Meetを利用します。インターネット接続とウェブブラウザだけで參加できます。カメラとマイクが端末に內蔵されていない場合は別途ご用意ください。

配信デモ映像 

東京オルタナ寫真部 アナロク?寫真ワークショッフ? 映像配信サンプル

 

參加方法

參加希望の方は以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

アナログ寫真WS:アドバンストクラス II

參加申し込みフォーム

 

申し込みフォームを送信後、折り返しこちらから詳細をご連絡いたします。もし2日以內にメールが屆かない場合はお手數ですが下記メールアドレスまでご連絡ください。東京オルタナ寫真部:tokyo.alt.photo@gmail.com

 

フィルム:efke 100  フィルム現像液:オリジナル調合

 

アドバンストクラスII(後編)內容紹介

アナログ寫真の美しさの理由を徹底解説!

  • 寫真の明暗をコントロールする。
  • フィルム現像によるコントラスト?コントロール
  • フラッシング(プレ露光)によるコントラスト?コントロール
  • 低照度での露出決定

フィルム現像を表現方法にするには

  • 現像エフェクトのコントロール
    • 銀、ゼラチン、エマルジョン
    • フィルム現像時に起こっていること
  • 現像液について
    • 現像液の構成とpH
    • フィルム現像液の種類と特徴

 

寫真家のための寫真史

  • 歐米の寫真史
    • 寫真の「ジャンル」はいつどこで生まれたのか。
    • 「寫真は蕓術か」という議論の歴史
    • アメリカの建國神話と寫真。
  • 日本の寫真史
    • 日本語の「寫真」と"photograph"は同じなのだろうか。
    • 「蕓術寫真」はなぜ忘れ去られたのか。
    • 私たちが知っている「寫真」とは何だろう。

 

Henry Peach Robinson Fading Away (1858)

 

アナログ寫真WS アドバンストクラスI