#映える風景、それはピクチャレスク!

#映える風景を探して」。
これは町田市立國際版畫美術館で開催された展覧會のタイトルですが、なるほど感!

ルネサンスから19世紀の美的感性「ピクチャレスク」。美術史には必ず出てくるこの言葉、ピクチャレスクをざっくり一言で説明すると「#映える風景」なんですね!うまいこと言う!

東京オルタナ寫真部ではこの展覧會のレビュー會を開催しました。

 

寫真の起源とピクチャレスク

私たちがこの展覧會に関心を持つ理由は、この「ピクチャレスク」が寫真の誕生に深く関係しているからです。どれくらい関係が深いかというと「ピクチャレスク」がなかったら寫真もなかったと言っていいくらいのレベルです。

19世紀イギリス人ウィリアム?ヘンリー?フォックス?タルボット、彼は寫真の発明者のひとりです。タルボットがイタリア旅行をした時にスケッチをしたが、それに満足できなかった。そして彼は研究の末に寫真を発明した。これが、寫真の発明についてのエピソードですが、いやそれ本當かと。必要は発明の母?いやそんな簡単な話でいいのか?

少し考えてみると、このエピソードにはいろいろとツッコミどころがあります。

  • そもそもヘンリー?フォックス?タルボットとは何者なのか?
  • タルボットはなぜ新婚旅行にイタリアに行くのか?
  • なぜ旅行先で遺跡や遺構をスケッチするのか?
  • なぜ寫真の研究をしたのか?

もしタルボットがエジソンのようなプロ発明家であったなら、寫真研究の動機はそれで十分です。しかし彼は田舎の地主です。なぜその彼が寫真を研究したのか、その動機は何だったのか?

Lacock Abbey / Fox Talbot Museum ?東京オルタナ寫真部

タルボットの屋敷の庭に唐突に生えているギリシャ(ローマ)風の柱。これも寫真誕生の伏線か?

1832年に結婚したタルボットの新婚旅行の行き先はイタリアです。なぜイタリアなのかというと、それはグランドツアーという理由と目的があったからです。グランドツアーとは、ざっくり言うと、イタリアに旅して本物の蕓術と文化に觸れて教養人になるということ!アルプスより北の「文化的に遅れた國」の人々は長くギリシャ/ローマ文化へのあこがれを持ち続けましたが、本物を見るには旅をしなくてはならない、そして本物を見たなら心を打たれてなくてはならない!見て心打たれるべきもの、それは理想の風景!アルカディア!ピクチャレスクの真髄を體験し、そして真の教養人となって帰國する!

19世紀のイギリスにおいてグランドツアーは、ギリシャ/ローマ文化に対する真摯な探求という建前はありつつ、少々スノッブな通過儀禮という印象もあります。この「意識高い系」と「俗流」のグラデーションも「#映える風景を探して」展では興味深く見て取れました。

ともあれ、ピクチャレスクと旅はセットです。旅先でやること、當然スケッチです。それこそ教養人たるものの努め!
さて、新婚旅行にイタリアにやってきたタルボット夫妻。
有名な映えスポット、コモ湖でふたりが並んで描いたスケッチがこれ。

 

 

妻コンスタンスのほうが圧倒的に上手です。

ていうか、ヘンリー、下手すぎ。あまり言うとかわいそうですが、ヘンリー、びっくりするほど畫がヘタです。しかもヘンリー、このとき、カメラルシダという寫生裝置を使って描いています。

これではタルボットの教養人としてのアイデンティティはざわついたはずです。

しかし彼は萬能の科學の時代を生きる現代的な人間です(19世紀のね)。彼はこう考えたのではないでしょうか。「畫を描くのに筆やペンを使うなんて時代錯誤もいいところだ。目前の風景を正確に寫し取る方法があるはず…」

ヘンリー?フォックス?タルボットの寫真研究の動機には、ピクチャレスク精神の體現に失敗した教養人としてのアイデンティティの危機とその乗り越えがあった、というのは私たちの妄想も入っていますが、あながち的外れでもないのではないでしょうか。

寫真の起源とゴシック?ロマンス、そしてピクチャレスクについては以下の記事で書いています。

 

このようなわけで、私たちは「#映える風景」展に関心を持ったのでした。グランドツアーやピクチャレスクが19世紀イギリス人にとってどのようなものだったのかを、寫真の発明者タルボットの例だけで推測していた私たちにとって、この展覧會はちょっと見逃せないものでした。

 

「#映える風景を探して」VR展示

「#映える風景を探して」展、VR展示が期間限定で公開されています!(2021年9月1日まで)

「#映える風景を探して」 VR展示 町田版畫美術館

 

展覧會レビュー會ではこのVR展示を利用して一緒に振り返りました。興味深いトピックがたくさんある展示だったので、ざっと見直すだけでも2時間以上かかってしまいました。私たちのレビュー會のトピックの一部を簡単に紹介したいと思います。

東アジアの私たちからするとなかなかピンとこないのですが、西洋美術で風景畫は比較的新しいジャンルです。ルネサンス期に宗教畫から分離が始まり、ジャンルとして獨立したのは17世紀のフランドル(オランダ)。この展覧會もブリューゲル(父)から始まりますが、いきなりバロック絵畫の王、ルーベンス登場!版畫になってもド迫力。余白?なにそれ?とばかりに畫面にモチーフを詰め込みます。お腹いっぱい!

 

ルーベンス作品: 「#映える風景を探して」 VR展示 町田版畫美術館

 

ここでまず気がつくことは、ルーベンスは版畫作品を制作していたわけではないということ。彼が描いたのは原畫であって、版畫は職人が作った「白黒の複製畫」です。簡単に複製できて、安くて購入しやすい普及版の絵畫というわけですね。

ただ、その隣に展示されていたレンブラント(ほっとする!)は、自分で版を作って刷っていました。レンブラントは自ら版畫作品を作っていたのです。(この記事の冒頭の版畫は、アムステルダムにあるレンブラントの家、レンブラントハウスに行ったときにもらったものです。レンブラントが使っていた本物のプレス機で刷ってくれます。)

 

レンブラント作品:「#映える風景を探して」 VR展示 町田版畫美術館

 

版畫のこのふたつの側面、商業的な複製(商品)か、作家の作品(蕓術)か。版畫というメディアのこの両面が、ピクチャレスクの歴史を通じて、寫真が普及する19世紀末までせめぎあうのは、この展覧會の見どころのひとつでした。まずは両方の境界はあいまいなまま進みます。

さて次のセクション「絵になるイタリア、グランドツアーと風景畫」。
17世紀から18世紀のイタリアの絵師たちは、イタリアの風景に憧れる外國人たちのために名所の風景を描きます。彼らの絵は、グランドツアーの客たちのかっこうの土産物に。上手なイタリア人絵師の畫を買って帰るのはてっとり早いし、帰國後に確実に自慢できます。もちろんスケッチ帳を持參して自分でも描きます!ユベール?ロベールの畫にはメディチ家の庭園に座り込んで畫を描くグランドツアーの客が描かれています。いまなら、何人もが同じポイントで三腳を立ててカメラを構えて寫真を撮ってる感じでしょうか。

 

「#映える風景を探して」 VR展示 町田版畫美術館

 

この畫が描かれたのは1776年ごろですが、ヘンリー?フォックス?タルボットがイタリアを訪れスケッチを描くのに苦労するのは、わずかこの半世紀後!


展覧會の展示はここから、人々がどのように「#映える風景」を求め消費したかを、多くの資料を用いて多彩に描き出していきます。「ピクチャレスク」には、とても世俗的な面もあれば、そこからターナーのような偉大な風景畫家も生まれました。高い理想も俗っぽい欲望も、混沌とした共通のものから始まっていることが見て取れたのは、とても興味深かったです。

その人々の欲求に応えるために絵師たちは絵畫、とくに複製可能な版畫を大量に生産していたのですが、そこに登場するのが寫真技術です。版畫が作り上げたメディア文化の畫像技術が置き換わったもの、それが寫真だとも言えるかと思います。今日私たちが知る寫真というメディア文化は、寫真技術の発明の後に始まったわけではない。寫真以前からすでにその文化は存在した。そのことを深く納得し理解できる展覧會でした。

 

 

時代遅れか、蕓術か?:版畫とアナログ寫真

 

腐食銅版畫家協會。この展覧會の最後のトピックです。
これは銅版畫を蕓術作品として見直すムーブメントです。版畫は映像を消費する人々の欲求に長年応えてきたメディアだったのですが、後発の新技術の寫真がその版畫文化を置き換えました。版畫なんて時代遅れ?版畫に関わる人々はそんな危機感を持ったのかもしれません。版畫は大衆消費に供するだけのものではない!蕓術だ!

この版畫の復興運動、私たちが関心を持って取り組んでいるアナログ寫真の現在にとても似ている気がしました。いま、版畫が蕓術作品の技法であることに疑問を抱く人はいませんが、それはもしかすると腐食銅版畫家協會の活動によるところが大きいのかもしれません。アナログ寫真、銀塩白黒寫真の未來は私たちの活動にかかっている。そうか、そうなのか。

この展覧會は最後に、シンプルな線の蕓術としての銅版畫が展示されて終わりになります。レンブラント作品に回帰するかのような構成が印象的でした。

 

この展覧會には、まだまだ他にも面白いトピックがたくさんあります。

  • 元祖撮り鉄、鉄道版畫
  • ナポレオン遠征の『エジプト誌』と、
  • ピクチャレスク?ナショナリズムとでもいうべき『古きフランスのピトレスクでロマンティックな旅』の2つの巨大な出版物。
  • 船に同乗し世界旅行を描く絵師たち
  • ノートルダム大聖堂の復興(先日の火災で焼け落ちたゴシック風尖塔!あれは19世紀のデザインだった!)
  • 1982年の映畫『トロン』を思い出させる眼鏡絵
  • そして寫真の登場マジックランタン

ぜひ公開期間中にVR展示で鑑賞してみてください!



※おまけ

この展覧會で紹介されていた、船に同乗し世界旅行を描いた19世紀の絵師たち。1853年と1854年にペリーとともに黒船に乗って日本に來たハイネも、これらの絵師のひとりですね。これはハイネが描いた伊豆の下田の風景。なんてピクチャレスク!映えてます!

ヴィルヘルム?ハイネ 外國人墓地から見た下田 1856年