このワークショップの募集は終了しました。
開催予定のワークショップは「現在募集中のワークショップ」のページをごらんください。


東京オルタナ寫真部では映畫『ライトハウス』のレビュー會を開催します。今回のレビュー會では、同時にオルソクロマティック?フィルムで撮影するワークショップも行います。

関連記事

「白黒フィルムの色彩の魔術」シリーズ、3回目は、90年の時を超えてスクリーンによみがえったハイド氏の息子たちです! 色彩のトリックと1931年のハイド氏薬品を飲むと、ジキル博士の心の中の悪が解放されハイド氏に変身する。スティーブンソンの代表作『ジキル博士とハイド氏』ですが、映畫化作品ではこの変身をどう表現するかが重要な見せ場になります。1931年の映畫化作品では、撮影監督のカール?ストラスが色を使った見事なトリックでカット編集なしの変身を撮影しました。YouTubeより https://youtu.be/GynMi0E7B5g前回の記事で...

現在、映畫フィルムではパンクロマティックしか生産されていませんが、寫真用フィルムではオルソクロマティック?フィルムは現役です。映畫『ライトハウス』でも使用されたペッツバールタイプのレンズを使ってポートレートを撮影してみます。もちろんフィルムはオルソクロマティック。どんなふうに寫るのか、狂気の燈臺守やハイド氏は寫せるのか、一緒にやってみましょう!

映畫『ライトハウス』公式サイト

開催日程

2021年月7月31日(土)撮影ワークショップ 16:00? レビュー會 18:00?

  • レビュー會のみ參加される方は18:00にお越しください。
  • レビュー會は対面とオンラインのハイブリッド開催です。オンライン參加も歓迎します。
    • 參加希望者の方にはオンライン參加URLをお知らせします。
  • 開催場所:アトリエオルト(南青山)
  • 參加費:材料費+會場費カンパとして2,000円程度。差し入れ歓迎です!(レビュー會のみ參加の方は1,000円程度)
  • 進行:大藤健士

參加方法

參加希望の方は以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

レビュー會 + 撮影WS 映畫『ライトハウス』

參加申し込みフォーム